企業倫理への取り組み

企業倫理に対する取り組み

MonotaROは行動規範のとおり、社会が成長していくためには、それに相応しい法と規範が必要であることを理解し、我々一人ひとりが、責任と誇り、高い倫理観を持って事業を運営していくことが重要と考えております。そのため、企業倫理体制を確立・強化し、社員教育を行っていくことにより、不正のない企業風土づくりを推進しています。

行動規範「法と社会規範、倫理を守る」

私たちは社会の一員であることを意識するとともに、社会が成長して行くためには、それに相応しい法と規範が必要であることを理解しています。私たちは、私たちが属する社会の法と規範を深く理解し、倫理的な正しさを求め、良き企業市民であり続けます。
企業倫理に係る取り組みとして、当社従業員は下記研修を受講しています。

1.事業行動規範(Business Conduct Guideline)【正社員】
2.贈収賄防止【対象社員】
3.個人情報取扱【正社員】

上記1と2は米国Graingerグループで世界に展開されている研修です。グローバル社会で行動する際に持つべき倫理観の維持・向上に対するグループ全体での取り組みに、MonotaROは能動的に参画しています。

そして、当社は法令に抵触するおそれのある行為の未然防止や早期発見・解決を図るため、匿名での通報も可能な内部通報窓口を社内及び外部法律事務所に設けており、独立社外取締役で構成される監査委員会と連携し、適切な運用に努めております。

また、通報があった場合、監査委員会とも連携しつつ、事実関係を調査し、コンプライアンス委員会を開催し、通報案件への対応とともに、問題の背景にある本質的な問題への対応について協議しております。コンプライアンス委員会の運用状況については、監査委員会の下部組織として社内の独立部門である内部監査室による定期的な監査を実施しております。

ひとり一人が常に自らに行動の正しさを問い続ける健全性を身に付けた者たちの集団であり続けるため、以上のような取り組みを継続・発展させてまいります。