サステナビリティ

トップメッセージ

モノタロウは2000年の創業以来、企業理念である「資材調達ネットワークを変革する」ことを目指して、仲間とともに日々挑戦を続けて参りました。
そして、お客様、お取引先様、従業員の支援のおかげで、多種多様な事業者全般の資材調達プラットフォームとして成長を重ねることができました。

この成長に伴い、持続可能性のある社会の実現に対する責任感と、また社会からの期待の高まりを実感しています。特に、昨今ではCOVID19、気候変動、人権問題など社会問題への感心が高まる中、産業界における課題や要望は大きく変化しています。

当社は、かねてより災害時の物資の提供、地域社会でのボランティア活動などの活動をしてまいりました。今後は温室効果ガス(GHG)排出量・廃棄物削減など、より環境に配慮した物流オペレーションや、環境・人権にも配慮した調達網確立など、自らが主体性と一層の覚悟を持って取組んでいきたいと考えています。

モノタロウがよりよい未来に少しでも貢献できるように、また、これからの10年、20年後に私たちの事業が世界のお客様に価値あるものとして認めていただけるよう、世の中の変化を観察傾聴し、持続可能な社会の実現に向けて行動してまいります。


モノタロウの取組む重要課題(マテリアリティ)

当社では、社内で議論を重ね、資材調達ネットワークの変革による、事業者であるお客様の生産性向上に加え、当社における重要性と社会からの期待度の見地から、
①環境や人権に配慮した産業社会の発展に向けたサプライヤーとの協調
②気候変動対策としての二酸化炭素排出量の削減
③ダイバーシティ&インクルージョン
④リサイクル・廃棄物削減を通じた資源循環型モデルの実現
⑤環境配慮型商品の開発と提案
につきまして、まず優先して取り組むべき課題と致しました。
これらの取組みを軌道に乗せつつ、更なる取組みにつきましても、今後社会に対して発信してまいります。

サステナビリティ実現に向けた体制

代表執行役社長以下のメンバーで構成されるサステナビリティ委員会を社内の中核組織と位置付け、取締役会への定期的な報告と議論を行いつつ、各重要課題に関する作業部会が、担当部門の部門長から任命した部会長と、各部会で選任した実務リーダーを中心に、実際の取り組みを展開してまいります。


優先取組み分野

■気候変動対策としての二酸化炭素排出量の削減

 ●考え方・戦略
 ・気候変動リスク下の中、事業価値を継続的に成長させるためにも二酸化炭素排出量の
  Scope 1, 2 ,3を現状把握し、アクションプランを策定します
 ●現状
 ・自社倉庫コンプレッサー圧の適正化による消費電力削減効果検証を2021年12月より開始
 ●今後の取り組み
 ・Scope1-3の計測を通じ現状を適切に把握し、2022年の春頃に今後に向けたロードマップを公表予定

■リサイクル・廃棄物削減を通じた資源循環型モデルの実現

 ●考え方・戦略
 ・配送梱包材や滞留在庫商品をテクノロジーとオペレーションの力で削減し、
  資源循環型モデルを実現できるように目指します
 ●現状
 ・需要予測精度の向上による不要な量の購入抑制
 ・「在庫限りセール」ページによる在庫廃棄の回避
 ・梱包資材のリサイクル
 ・トナー回収・商品の修理サービス
 ●今後の取り組み
 ・現状分析を通じて2022年春頃にロードマップを公表予定

■ダイバーシティ&インクルージョン

 ●考え方・戦略
 ・熱意と資質を持っていれば、誰でも能力を発揮し、活躍できる企業を目指します
 ・多様性を育む社内風土の醸成していきます
 ●現状
 ・男女雇用比率(正社員) 男性:女性 61%:39%
 ・女性管理職比率 14%
 ・全従業員の時間外平均が25時間未満
 ・産休育休支援座談会・ハンドブックの提供
 ●今後の取り組み
 ・育児・介護・障がい・言語の壁などによる離職・不採用を防ぐための制度の検討と導入
 ・公的証明・認証を取得することによる社員採用を活性化
 ・従業員を対象とした研修の導入・実施

■環境配慮型商品の開発と提案

 ●考え方・戦略
 ・お客様のSDGs参加を促進する商品やサービスを提供することで、次世代のモノタロウの強みを作る
 ●今後の取り組み
 ・第三者組織の認証情報の活用
 ・お客様へのヒアリングを実施した上で、モノタロウの環境配慮商品の基準を定義




(2021年12月22日 現在)